Revorfと理研、ゲノム解析プログラムTIGERに関する独占的ライセンス契約を締結

株式会社Revorf(本社:東京都、以下「Revorf」)は、国立研究開発法人理化学研究所(本部:埼玉県、以下「理研」)との間で、理研の保有するゲノム解析プログラムTIGERに関し独占的ライセンス契約を締結しましたのでお知らせします。

本契約により、RevorfはTIGERを利用した創薬ターゲット候補探索の研究開発及び商業化のための権利を独占的に取得します。今後、Revorfは理研の研究成果を用いて個別化医療の実現に貢献します。

【Revorfについて】

Revorfは、機械学習等のバイオインフォマティクス技術を駆使し、ヒトゲノムに今も眠る情報を探知して、優れた診断法と治療薬の創出、病態メカニズムの解明により、世界の人々の笑顔に貢献します。

詳細はhttps://www.revorf.comをご参照ください。

【理研について】

理研は、日本で唯一の科学技術の総合研究所として、物理学、工学、化学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学など幅広い分野において、先導的な研究を推進するとともに、我が国の産業発展のための研究開発や成果の普及を進めています。和光、神戸、大阪、東京、播磨、横浜を含む国内10箇所に研究拠点を持っております。

詳細はhttp://www.riken.jp/ をご参照ください。

以上